少年野球チームグラウンド復旧に向けての寄付金のお願い

こんにちは。MLTsports SPORTS Director, 創価大駅伝部監督の榎木和貴です。
突然ですが、今回は寄付金のお願いです。

先月、日本列島を襲った台風19号が各地に大きな被害をもたらしたのは記憶に新しいところですが、
今年の2月に縁あって私が臨時ランニングコーチを務めさせて頂いた
神奈川県川崎市の少年野球チーム「中丸子南町野球」のホームグラウンドも、
甚大な被害を受けてしまいました。
(弊社カルチャーブログを担当するNハタがコーチを努めているチームです。)

多摩川の河川敷にあるグラウンドは、倒壊した大木や流れ込んだ汚泥に汚染され、
防球ネットやマウンド、ベースも全て濁流に流されてしまったそうです。
決壊寸前まで増水した多摩川の様子をニュースで目にした方も少なくないと思います。

災害から2ヶ月近く経った今も、それまで一生懸命に野球に打ち込んでいた子供たちが練習場所を失っている状況が続いているそうです。
汚泥処理のための重機レンタルやバックネットの新設などに多額の費用がかかりますが、
チーム内で工面できる資金だけでは復旧資金に対し大幅に不足しているそうで、
寄付金のご協力を呼びかけています。

病気やケガ、時間がない、場所がない、など、理由はそれぞれ違えども、
「やりたいのにやれない」「練習したいのに練習できない」
そんな状況下での辛さやもどかしさ、苦しさは、
スポーツを愛する皆様は誰もが身を持ってご存知だと思います。

わずかでも構いません。
未来ある子供たちが安心してスポーツに汗を流すことができるよう、
皆様の温かい善意のおすそ分けをよろしくお願い申し上げます。

寄付金にご協力頂ける方は以下のリンク先より振込先をご確認ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 30E8E2D1-3F41-471A-B69A-15143C5616AD.jpeg

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください