走姿顕心 vol.18

2019年度 創価大シーズン初戦!

4月6日(土)、7日(日)に世田谷記録会と国士舘大学記録会でシーズン初戦を迎え18名の選手が出場しました。

世田谷記録会

では、鈴木大海選手(3年)が3000mで自己記録を大きく更新し、4組トップでゴールしました。

国士舘大学記録会

には新人選手を中心に9名が1500mに出場。大澤選手が3分52秒17で自己記録を更新しました。

創価大学のユニフォームに身を包み、初のレースに臨んだ1年生も自己記録更新者が続出、惜しくも更新出来なかった選手も自己記録から1秒以内と全体的に勢いを感じるスタートを切ることが出来ました。

国士舘大学記録会の2日目は、5000mに9名の選手が出場しました。

自己記録の更新は1名だけでしたが、積極的にレースを組み立て、今後のレースに繋がる走りができました。

まだ3000m以降の走りに課題を残す選手が多かったので後半も崩れないスタミナ面の強化を図っていきます。

大会当日、競技場まで足を運んで応援してくださった皆さま本当にありがとうございました。今後も創価大学駅伝部の応援を宜しくお願い致します。

その他のブログ記事はこちら

1 個のコメント

  • 週末の記録会、お疲れ様でした!自己記録更新もあり、幸先のいいスタートですね。
    けが人もいないようですので、ここからの課題をもっての練習効果に期待大です。
    足の筋肉の張りがいい感じですね。楽しみです。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください