走姿顕心 vol.14

日本学生ハーフマラソン

監督に就任し約40日が過ぎ、ようやく43名の選手たちの顔と名前が一致するようになりました。

1年間の学生レースの締めくくりとなる日本学生ハーフマラソン(立川ハーフ)が開催され、当部からも多数選手が出場しました。

雨の心配もありましたが時間とともに日が差し始め、少し蒸し暑ささえ感じるような気象条件でした。

箱根駅伝予選会と同じ立川の昭和記念公園のコースで開催され、その学生の参加人数には毎回驚きです。

創価大学の選手たちは1、2年生の若い選手を中心に出場。ハーフマラソンの経験もまだ1〜2回といった経験度合い。

昨年の同コースでの箱根駅伝予選会では15位と本線出場には至ず。チームの課題として『後半残り6kmからの走り』を持って臨みました。

16名が出場し、7名はペース走目的、残り9名は自己記録更新を目標に出走。参加のうち6名が自己記録を更新する事が出来ました。

しかし、箱根駅伝の予選会を突破するには、まだまだタイムを伸ばさなければならない状況であります。

10km地点の通過タイムでは、9名全員が自己記録を大きく上回りましたが、『課題としていた残り6km』に大きな宿題を残す結果となりました。

昨年10月の予選会時よりは選手達の成長は見受けられますが、箱根出場に向けてはまだまだ強化を図らなければなりません。

私を含め、選手それぞれが今回の走りで新たな課題が見つける事ができたレースとなりました。

箱根駅伝予選突破

にむけ、全員一丸で突き進んでいきます。

応援くださる皆様に今後も大きなご声援を頂ける事で選手がそれを力に変えてまいります。引き続き創価大学駅伝チームをご支援頂けますようお願い致します。

4 件のコメント

    • 鈴木さま
      応援メッセージありがとうございます。
      皆さまに喜んでいただけるよう頑張ります。

      榎木

  • 榎木さん、ハーフマラソンを走りきる体力と気力が大事なんですね!
    学生のキャンパス内を走る姿を見て、榎木さんが監督に就任する前と、学生の目の力が違う気がします。
    レジェンドの榎木さんのもとで、学生が、やれる!行ける!頑張れる!との心が目に出てからと感じています
    益々、楽しみな姿に、ウキウキ感が止まりません笑笑

    • 池ヶ谷さん
      いつも温かいコメントありがとうございます。
      選手たちの練習に取り組む姿勢にも大きな
      変化が出て来ているので今後の試合も楽しみ
      です。
      今日から寮合宿に入りました。
      学内で選手を見かけたら声を掛けてあげて下さい。
      今後とも宜しくお願い致します。

      榎木

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください