CAMP with GARMIN ! GARMINを巻いて秋のキャンプへ!

秋の楽しみといえば、キャンプ!キャンプ!キャンプ!
暑すぎず、虫も少なく、夜間は少しひんやりながらも、焚き火や寝袋が心地よい。
つい先日も猛威を奮った台風などのリスクを除けば、外遊びには最高の季節です。

今回のキャンプのお供のGARMINウォッチは、ミルスペックアウトドアモデルのInstinct
アウトドアといえばInstinct。まさに水を得た魚。
Instinctを愛して止まないわたくしNハタは、まだまだプッシュします。
(ちなみに、なぜだかMLTsportにはInstinct好き男子が多いのです。)

充電器いらずの長持ちバッテリー

さて、キャンプ前日の荷造り。
冬用のモコモコかさばる衣類はまだ必要ないものの、
買ったばかりで試したいギアの数々を詰め込むことを考えると、できる限り荷物は減らしたいところ。
とくにやや重量のあるスマホや電子機器の充電器や乾電池などは、
可能な限りキャンプには持って行きたくないものです。

Instinctなら最大14日間の長寿命バッテリー性能のため(smartモード使用時)、
出発前にフル充電しておけば、1泊2日や2泊3日のキャンプであれば充電器は必要なし!
今回のキャンプでは甘えと退路を断つべく、
思い切って充電ケーブルは家に置いてきました。
結果、光学心拍計もバッチリ使用していましたが、バッテリー容量を気にすることはまったくありませんでした。

(*GPSモードで最長14時間、UltraTracモードで最長35時間と、モードによってはバッテリーを著しく消費するようです。その点はご注意ください)

キャンプ中は取り外す必要一切なし!

アメリカ国防総省MIL規格「MIL-STD-810G」準拠の高い耐熱性・耐衝撃性および耐水性ゆえ、
テント設営、調理、水遊び、焚き火、洗い物、などなど、キャンプでの様々な作業やアクティビティ中も安心して付けっぱなしOKです。

機能と特性:MIL-STD-810G とは | Garmin サポートセンター

日本Garminサポートセンターでは、すべてのGarmin製品に関するよく寄せられる質問(FAQ)に対する回答やリソースを提供しています。

ありとあらゆる”作業”が盛り沢山のキャンプ中、
「腕時計が汚れる!傷がつく!」などと余計な気を使わなくてよいのはとても気が楽なものです。
料理や焚き火を存分に楽しみましょう。

ライフログ機能でキャンプ中も体調チェック

気の合う仲間との外遊び中は、はしゃぎすぎて自身の体調の変化に気付きにくくなることもしばしば。
GARMINのモニタリング機能で、自身の体調を客観的に可視化しましょう。

楽しくて興奮して心拍数が上がりぎみだったり、トレッキング でステップ数がとんでもない数になっていたりといったプラスの変化は大歓迎ですね!

そして睡眠トラッキングも。
テント&シュラフでの睡眠と普段の睡眠で、どの程度の質の違いがあるのかを見てみるのもおもしろいですよ。

今回は浅い睡眠と深い睡眠が五分五分。
快適とは言えないテント&シュラフ泊としては、まあまあな睡眠だったかもしれません。

今回お世話になったキャンプ場

北軽井沢にある「オートキャンプきたかる」さんにお世話になりました。
併設した畑での野菜取り放題や清掃の行き届いた各種施設など、とても居心地の良いキャンプ場でした。

オートキャンプきたかる

雨もあり、かぜもあり、夏の雷もよしとする、後漢のすべてで今、自然を満喫する。浅間山麓にある緑と水に恵まれた地。「KITAKARUIZAWA」 ハイロン湖が青い湖面をたたえ、雄大な浅間の峰が訪れる人々を抱きかかえる。 星空に下で語り合い、朝もやの中、鳥のさえずりで目覚める、豊かな自然と充実なひととき。 …

今回ご紹介のInstinctの他にも、GARMINにはアウトドア向けウォッチが多数揃っています。ぜひショップでご確認&スタッフにオススメ商品をお尋ねください。
またお店に足を運んでいただいた際には、みなさまオススメのキャンプ場や外遊びのお話もお聞かせください!


ーブログ購読特典ー

日頃より、走姿顕心ブログをご購読いただき誠に有難うございます。本ブログをご購読頂いている皆様にはGARMIN特別購入クーポンを発行させていただきます。下記のサイトよりご注文いただけます。クーポンコード【blog-fan-5%】

アウトドア向けGARMINウオッチはこちら

Instinct
fēnix 6X
fēnix 6


その他MLTブログはこちら

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 30E8E2D1-3F41-471A-B69A-15143C5616AD.jpeg

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください