Vector™ 2 J

 

¥128,000円(税別)

取付けがさらにシンプルになった左右独立したパワー計

あなたはパワー計をどこで計測しますか?
Vector2Jは直接ペダルに装着するので、左右独立した計測が可能な新しいパワー計です。左右それぞれのペダルにパワーが直接加わるので、左右バランスや平均パワーなど、正確でより信頼性が高い様々なデータ項目を測定することが出来ます。

一般的なパワー計は取付け工程に手間がかかるのが普通ですが、GARMINのVector2Jはペダルの交換だけでほとんどのクランク製品に簡単に装着できます。旅行先のレンタサイクル、レース先など、複数の自転車間での着脱もストレスがありません。

また、Vector2Jのペダルポッドは重要なセットアップやメンテナンス情報を表示するLEDライトを搭載。カラーと点滅数によって電池残量やペアリング状況などのステータスが一目でわかるようになりました。

 

 

 

Vector2Jと互換性のあるGarmin製品(fenix2J、Edge1000J、Edge810J、Edge800J、Edge510J、Edge500J、ForeAthlete920XTJ、ForeAthlete910XTJ)を併用することでさらに上のトレーニングを行うことが出来ます。

測定した各データはEdgeやForeAthleteへ送信し、ガーミン社が運営するインターネットサイト「Garmin Connect」でデータの管理をすることが可能です。

データ項目(一例)

  • 左右バランス: 左右バランスを確認しながらぺダリングの効率アップが図れます
  • 平均パワー: 任意計測時間における平均パワー(ワット)の計測
  • トレーニングストレススコア(TSS): 運動強度と継続時間により算出された値により回復の目安が分かります
  • 標準化パワー(NP): コースや天候などの差によるパワー計測結果の変動を補正し、より現実に近い負荷を算出します
  • 強度係数(IF): 標準化パワー(IF)を1時間持続可能な最大出力(FTP)で割ったものである運動強度を表します
  • kj(キロジュール): そのトレーニングのキロジュール数を求めます
  • パワーゾーン: 運動強度をゾーン別に管理する事が可能です
  • ケイデンス: クランクアームが毎分何回転しているか分かります
  • トルク効率: ぺダリングサイクル毎の総出力に対する有効出力の割合(%)
    ※Edge810J/510Jのみソフトウェア更新で対応
  • ペダルスムーズネス: ぺダリングサイクル毎の平均出力と最大出力の比率(%)
    ※Edge810J/510Jのみソフトウェア更新で対応

サイクリングダイナミクス(一例)

    • ダンシングタイム: トレーニング中の合計ダンシング
    • シッティングタイム: トレーニング中の合計シッティング(座り漕ぎ)タイム
    • プラットフォームセンターオフセット: ペダリングをペダルの中心から左右に何ミリの位置で行っているか
    • パワーフェーズ-R(L): 右(左)ペダルのトルクがかかっている範囲(開始地点と終了地点)

■ Vector 2 Jに対応する機種をお持ちでない場合はご使用頂くことができません。

対応機種:

    • fenix2J
    • Edge1000J、Edge810J、Edge800J、Edge510J、Edge500J
    • ForeAthlete920XTJ、ForeAthlete910XTJ

■表示されるデータ項目は、 対応製品によって異なります。